[PR]

 3日、中国・南京で各種目の準々決勝があり、3位決定戦がないため、日本勢は史上最多だった前回大会を2個上回る6個のメダルを確定させた。

 シングルスの男子では、3年ぶりに出場した桃田賢斗(NTT東日本)が、インド選手に2―0(21―12、21―12)で快勝。女子は山口茜(再春館製薬所)が、中国選手を…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも