[PR]

 取り調べ段階の録音・録画に依拠した犯罪事実の認定は「違法」。2005年に栃木県今市市(現・日光市)の小1女児が殺害された事件をめぐる3日の東京高裁判決はこう判断し、映像を重視した一審判決を破棄した。取り調べの録音・録画が法廷に証拠として提出されることが増えるなか、法曹関係者からは「画期的な判決だ」…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも