あの日、真備に何が 西日本豪雨

有料会員記事

[PR]

 西日本豪雨で広範囲に浸水した岡山県倉敷市真備(まび)町では、51人の命が奪われた。「あの日」、何が起こったのか――。▼1面参照

 ■「まずい」、支流が異常出水 2階に水、ベランダへ避難

 雨が少ないことで知られる「晴れの国」を、豪雨が襲っていた。倉敷市で降り続いた雨は、7月6日午後9時からの1時…

この記事は有料会員記事です。残り2521文字有料会員になると続きをお読みいただけます。