[PR]

 胃がんを一昨年に手術し、肺も弱って酸素吸入器が手放せなくなった。それでも、今夏も長崎や福岡の小学校や集会で、自らの体験を描いた紙芝居を掲げて語った。

 少年工だった17歳の夏、爆心地から約3・5キロの三菱長崎造船所で被爆。翌日、救援隊として爆心地付近を歩いた。街が消え、遺体があちこちに転がる。目を…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも