昭和天皇が逝去した1989年1月7日の話を続ける。天皇の容体急変の報を受けて、竹下登首相は自宅から吹上御所に直行した。見舞いを終えた首相は、それから首相官邸に入った。

 午前6時50分には記者団に囲まれ、即席のインタビューが始まった。政治部の「総理番」記者だった私は、そのやりとりを録音していた。テ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

こんなニュースも