[PR]

 西武の4年目右腕・高橋光が制球に苦しみながらも6回4失点。今季初先発を白星で飾った。同点に追いつかれた四回、なお2死三塁で3番西野に低めを徹底して追い込んだ後の4球目、146キロを内角へ。空振り三振でピンチを脱した。五回は初めて三者凡退に抑えると、味方が六回に勝ち越した。

 前橋育英高2年だった1…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも