[PR]

 信州総文祭で8日、弁論の部門が始まった。最初に登壇したのは、地元、長野県長野西高校の飯田芽生愛(めいあ)さん(3年)。なぜ弁論をするのか。児童養護施設で育った経験をふまえ、伝えることの大切さを訴えた。

 「みなさんは、児童養護施設についてどのようなイメージを持っていますか」

 7分間のスピーチをそ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも