[PR]

 デジタル技術によるCGアニメ「1945年3月、東京」が、6月に東京であった米アカデミー賞公認の短編映画祭で「戦争と生きる力」プログラムの上映作になった。出品1万作からの13点だ。

 紛争下の世界で生きる意味を考えようと、赤十字国際委員会が協力するプログラム。5分50秒の作品は、空襲で逃げ遅れた子を…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

こんなニュースも