[PR]

 歴史に長く残る場面がある。昭和に代わる新元号を発表した小渕恵三官房長官の記者会見はそのひとつだ。1989年1月7日午後2時36分、私は官房長官の約10メートル前にすわっていた。

 「新しい元号は……」

 ここでわずかに間があいた。

 「ヘイセイであります」

 細めの端正な楷書で書いた「平成」の額を…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも