[PR]

 「おい! 歌うぞ」。夏の甲子園の開幕戦で母校・星稜が勝った直後、松井秀喜さんは校歌が流れるのを待ち、記者席でニヤリと笑った――。始球式を務めた運命的な1日の裏話を、付き添い役で同行した星稜野球部同期のスポーツ部記者が振り返ります。

 http://t.asahi.com/s8az別ウインドウで開きます

こんなニュースも