[PR]

 ●荻野慎諧著『古生物学者、妖怪を掘る』 化石の断片から絶滅した生物や環境をよみがえらせる手法を応用して、古い文献に記された妖怪や怪異の正体に迫ろうという試み。著者は「妖怪古生物学」と呼ぶ。自然界では植物食の動物ばかりが持つ角が人を食う鬼のシンボルなのはなぜか。一つ目巨人の伝説と絶滅生物の化石の関係…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも