[PR]

 夫婦同姓を定めた民法の規定は「法の下の平等」を保障した憲法に違反するとして、出口裕規(ひろき)弁護士(東京弁護士会)と妻が10日、国に賠償を求めて東京地裁に提訴した。「金銭ではなく、夫婦が別姓を選べる社会の実現が目的」として、請求額は5円とした。

 訴状などによると、夫妻は8月1日、「婚姻後の姓」…

この記事は有料会員記事です。残り168文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り168文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り168文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
こんなニュースも