[PR]

 八ケ岳を歩く男がいる。もう若くはない。〈あの。なだらかな尾根の右肩のトンガリ。あすこがおれの限界だった……いまはもう限界は。もっとずっと下の方〉。詩人草野心平の「鬼色の夜のなかで」を読むと、一緒に山にいるような気がしてくる▼〈右の脚が出れば。左の脚。左の脚がひっこめば。また右の脚。一歩一歩は過去に…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも