[PR]

「だってそうだろう?」

 私は航太に言った。「想像してみろよ」

 仮に薬師院にある長谷川家の墓所に、我が家の墓を建立したとする。最初に入るのは私だ――夏子であっては困るし、結婚前の美菜や、あるいは航太が……というのは、考えたくもない。

「たとえば来年か再来年、俺が墓に入る、としよう」

 いかめしく言…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも