[PR]

 ■(セーフアウト)甲子園出場の母校が刺激に

 蒸し暑い横浜の夜。過酷な条件のマウンドで、阪神の2年目右腕、小野が踏ん張った。中5日での登板ながら自己最長の八回2死まで投げ、今季六つ目の白星をもぎ取った。

 ひょうひょうとした表情の裏側に燃えるものがあった。「向こうはドラフト1位。もちろん負けたくな…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも