[PR]

 高音で華やかなバイオリン、低音でつややかなチェロの間にあって、ビオラは地味な印象をもたれるだろう。この楽器の世界的奏者である今井信子は、欧米の大学で教え、「東京国際ヴィオラコンクール」の創設を提唱するなど後進の育成に力を注いできた。今年のコンクールの審査を終えた今井に、ビオラの役割や教育への思いを…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも