(てんでんこ)西日本豪雨:1 土砂撤去

有料会員記事

[PR]

 ■「うちの家を見捨てる気か」。ボランティアを派遣しようにも、人が足りない。

 「うちの家を見捨てる気か」

 広島県坂町小屋浦4丁目。自宅に土砂やがれきが流入し、20日経っても撤去を手伝うボランティアが来ないことを、携帯電話の向こうで怒る男性。第2町内会長の大平利雄(おおひらとしお)(74)は「顔を…

この記事は有料会員記事です。残り833文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

連載てんでんこ

この連載の一覧を見る