働く外国人、拡大へ一気 「移民はだめだが」最長5年の在留資格

有料会員記事

[PR]

 外国人労働者の受け入れ拡大に向け、安倍政権が新たな在留資格の創設へ動き出した。人手不足に悩む業界や中小企業からの要望が、受け入れ拡大に消極的だった政権の背中を押した。働く外国人が急増し、日本社会の風景を変える大きな政策転換となる可能性がある。期待感が広がる一方、対象拡大は拙速だとの指摘も多い。

この記事は有料会員記事です。残り2490文字有料会員になると続きをお読みいただけます。