[PR]

 無職 相馬英雄(東京都 85)

 夜中から明け方にかけての猛空爆。体もろともひっつかまれ、よろめきながら暗い方へ暗い方へと無我夢中で逃げた。

 駅舎が滝のような火に包まれる情景が、今なお、頭の隅に残る。

 ただただ、呆然(ぼうぜん)自失。

 噴き上げる火の粉の乱舞を見上げていた。

 帰りの道には空…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも