[PR]

 100回目の夏、甲子園連覇に挑んだ花咲徳栄(北埼玉)。14日にあった横浜(南神奈川)との2回戦は前半に大量リードを許し、2本塁打を放つなど反撃を見せたが、及ばなかった。

 九回裏、花咲徳栄は2点を返し、2点差まで迫った。さらに2死満塁。左翼手で主将の杉本直希君(3年)が伝令へ。「お前のスイングをし…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも