[PR]

 ■続く苦しみ

 6日の「夕凪の街 桜の国」(NHK)で、昭和30年の主人公(川栄李奈)が死の直前につぶやいた「10年経ったけど、原爆を落とした人はやった、またひとり殺せたってちゃんと思うてくれとる?」というセリフが印象深かった。原爆を落とすのはその時だけ。だが、被爆した人間は終生にわたって苦しみが…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも