[PR]

 瀧正男さんは高校野球史の大半を知る生き字引だった。中京商―明石中の延長二十五回があった第19回大会(1933年)は小学6年生。「親戚の家に行ってラジオで聴いた。アナウンサーが中京商はノーエラーと言うので、えらいもんだなあと思った」

 自身も中京商で夏春連覇を経験し、戦後は指導者として母校を復活させ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも