[PR]

 小学生の時、右足首の捻挫を繰り返していた堺市の石水拓磨(いしみずたくま)君(13)は、MRI検査で外くるぶしの腓骨(ひこつ)の軟骨が一部はがれていることがわかり、剥離(はくり)骨折と診断された。4年生だった2015年秋、再び思い切りサッカーをやりたいと、手術することを決めた。

 入院、全身麻酔――…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも