[PR]

 ■真っ先に駆けつけたのは、お好み焼き店主。最初は不審者扱いだった。

 7月6日の豪雨で甚大な被害を受けた広島県坂町小屋浦4丁目に、最初に支援者が来たのは8日午後だった。広島市でお好み焼き店を経営する佐渡忠和(さどただかず)(66)だ。広島カープのチームカラーのような赤いシャツにひげ面。客からは「お…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも