[PR]

 朝日新聞社は9月24日に東京・イイノホールで、25、26の両日は東京・帝国ホテルで、国際シンポジウム「朝日地球会議2018」を開き、読者の皆様をご招待します。

 対立や差別を超えた寛容な社会を実現する方策や、国連の「持続可能な開発目標(SDGs)」に含まれる課題などを話し合います。ゴールドマン・サックス証券副会長のキャシー・松井さんらは女性のリーダーシップを、パリ政治学院教授のパスカル・ペリノーさんと作家の佐藤優さんらはポピュリズムと民主主義について議論し、経済学者のケイト・ラワースさんはSDGsについて講演します。

 申し込みはウェブ(http://t.asahi.com/awf18別ウインドウで開きます)で。参加無料。9月5日締め切り。応募多数の場合は抽選。問い合わせは03・6256・0395(平日10~17時)へ。▼18・19面=日程と詳報

<主催> 朝日新聞社

<共催> テレビ朝日

<特別協賛> 旭硝子財団、アデランス、イオン環境財団、NTN、NTTグループ、サントリーホールディングス、凸版印刷、トヨタ自動車、パナソニック

<協賛> エプソン販売、住友林業

<協力> グローバル・コンパクト・ネットワーク・ジャパン、CNET Japan、日本マーケティング協会、ハフポスト日本版

<特別共催> 国立科学博物館

こんなニュースも