[PR]

 砂糖をとるのを活発に活動する時間に限ると、自由にとり続けるより肝臓や血中にたまる脂肪量を抑えられることを、名古屋大の研究チームがラットの実験で見つけた。体が休んでいる時間の摂取を避けることで、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)などになるリスクを下げられる可能性があるとしている。16日付の米…

この記事は有料会員記事です。残り447文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り447文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り447文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
こんなニュースも