[PR]

 ■戦国の極悪人、実は政治改革者

 松永久秀は「足利将軍を殺し、主君の三好を殺し、奈良の大仏殿を焼いた極悪人」で下剋上(げこくじょう)を象徴する梟雄(きょうゆう)といわれてきた。本書は丁寧に文献をひもとき、それは江戸時代の創作で、事実は異なると、新しい久秀像を提示した力作である。

 1493年、管領…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

こんなニュースも