[PR]

 全日本剣道連盟は17日、居合道の昇段審査などの際、受審者が合格させてもらう目的で審査員に現金を渡す不正があったことを明らかにした。全剣連は「不適切な慣行が古くから存在していた」と説明し、不正が横行していた実態を認めた。

 全剣連によると、2012年に最高位の範士の審査を受けた男性が審査員ら7人に計…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

こんなニュースも