[PR]

 15年ぶりに火星が大接近した。7月31日の最接近でも、月と比べれば地球からの距離は約150倍。極めて小さくしか見えないが、9月上旬ごろまで観察しやすい明るさが続くそうだ。夜空を仰ぎ見ながら、赤く輝くその星にいつか人類が暮らす日は来るのだろうかと思いをはせた。

 火星探査は1960年代に始まり、米ソ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも