[PR]

 ■町と災害協定を結んでいない店舗が、いざという時に役に立った。

 災害時、特に小さな集落では、住民は大きく丈夫な建物に逃げこみたい。広島県坂町小屋浦では小学校や保育園などが緊急の避難所に指定されていたが、川沿いにある。7月の豪雨で、280人の住民が大型店舗「広島ベイサイドフォート」に一時退避した…

この記事は有料会員記事です。残り885文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り885文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り885文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

こんなニュースも