[PR]

 旧優生保護法(1948~96年)のもとで「遺伝性」だとして強制不妊手術の対象とされた精神疾患について、73年に同法を所管する厚生省(当時)の公衆衛生局長が、「臨床的な認定は非常に困難」として、遺伝の可能性に否定的な意見を述べていたことが、日本医師会の機関誌でわかった。

 局長は手術の対象とする疾患…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

こんなニュースも