(大志 藤井聡太のいる時代)修業編:6 詰将棋選手権、最年少12歳で満点V

有料記事

[PR]

 2015年3月29日。中学進学を控えた藤井聡太(そうた)現七段(16)が、JR新大阪駅近くの公共施設に姿を見せた。「第12回詰将棋(つめしょうぎ)解答選手権」に参加するためだ。

 玉将を捕まえる手順を考える「詰将棋」をいかに速く、正確に解けるかを競う。この日、開かれたのは最上位クラスの「チャンピオ…

この記事は有料記事です。残り675文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント

連載大志 藤井聡太のいる時代

この連載の一覧を見る