[PR]

 「本能寺の変には黒幕がいた」「関ケ原の戦いは、実は家康の陰謀だった」――。歴史にまつわる様々な陰謀論や俗説を、専門家の視点で検証する『陰謀の日本中世史』(角川新書)が11万部のベストセラーになっている。著者の日本史学者、呉座勇一さんは「陰謀と陰謀論は別。『歴史に学ぶ』のはやめるべきだと伝えたかった…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも