外部遺伝子使うゲノム編集、規制 在来種の影響、評価して承認

有料会員記事

[PR]

 環境省の専門家会合は20日、狙った遺伝子を効率よく改変できる「ゲノム編集」技術で別の種の遺伝子を外部から導入した動植物を、法規制の対象とする案を了承した。隔離されていない屋外などでの栽培や飼育には、在来種に影響を与えないかなどを評価し、国の承認を受けることを求める。▼オピニオン面=社説

ここから続き

 国内では…

この記事は有料会員記事です。残り361文字有料会員になると続きをお読みいただけます。