(甲子園のことば)魔物がいたのなら、それは人の心に棲んどったのかもしれんな 全国高校野球

有料記事

[PR]

 ■第80回大会(1998年) 明徳義塾(高知)・馬淵史郎監督

 準決勝、明徳義塾は八回表まで0―6で横浜をリード。ところが、前日に延長17回250球を投げた横浜の松坂大輔が投球練習を始め、腕のテーピングを剥がして九回表に登板すると、場内は「松坂コール」の大歓声。明徳義塾ナインはその裏に逆転サヨナ…

この記事は有料記事です。残り18文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。