[PR]

 八田英二・大会審判委員長(日本高野連会長)の講評(要旨) 素晴らしい試合の連続でした。佐久長聖と旭川大の試合は、甲子園の高校野球で初のタイブレークによる決着。やはりタイブレークとなった済美と星稜は延長十三回、矢野選手が史上初の逆転サヨナラ満塁本塁打を放ち、熱戦に終止符を打ちました。秋田大会から1人…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも