[PR]

 日陰がふくれ

覚えず蹲(うずくま)れば

根を詰めたような芝居が付き

一本道をにわか雨が抜けて

辻芸を気取ったまま

道上の斑の一つに手が届いた

貝殻だった

 聞くともなく野卑な号令の

一端を掴(つか)み損なって漸(ようや)く

入道雲がくずれたあとの

消炭(けしずみ)がかった空であえぐ

雷鳴(かんなり…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも