[PR]

 いくつもの言語と文化が重なりあう。作品だけでなく、作家自身がそう。台湾に生まれ、3歳から日本で暮らす。「台湾系ニホン語人作家」と名乗る温又柔(おんゆうじゅう)さんの『空港時光(じこう)』(河出書房新社)は様々な境界を行き来する、軽やかで楽しい作品集だ。

 10の短編はいずれも空港が舞台。日本の青年…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも