米、95歳元ナチス看守を国外退去 ドイツが受け入れ合意

有料会員記事

[PR]

 トランプ米政権は21日、ナチスの強制収容所で看守として働いていた、ニューヨークに住むジャキーブ・パリー氏(95)を国外退去処分にしたと発表した。ドイツが受け入れることで合意したという。

 ホワイトハウスの発表によると、パリー氏は1943年、当時ドイツに占領されていた現在のポーランド・トラブニキ収容…

この記事は有料会員記事です。残り180文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら