米、CO2削減へ新規制案 石炭業界に配慮し緩和

有料会員記事

[PR]

 米環境保護局(EPA)は21日、撤廃したオバマ政権時代の「クリーンパワー・プラン」(CPP)に代わる新たな発電所からの温室効果ガス排出規制を発表した。対策を各州の権限に委ねるもので、石炭産業に配慮した規制緩和策だが、大気汚染で毎年最大1400人以上が亡くなると試算している。

 この日、産炭地を抱え…

この記事は有料会員記事です。残り422文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら