[PR]

 21日夜、インドネシアが「国技」として誇るバドミントンの会場が大いに盛り上がった。昼の女子に続き、男子団体の準決勝で日本は地元のインドネシアと対戦。会場の雰囲気に押された。

 最初のシングルスには、今月の世界選手権を制した王者・桃田賢斗(世界ランク4位)が満を持して登場。ところがランク12位のギン…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも