[PR]

 「いのち短し 恋せよ乙女」

    ◇

 大正期に生まれた歌は少女に恋愛を勧めていた。まるで命令するかのように。平成の今、体外受精、精子提供など科学技術による生殖の選択肢は広がっている。一方、男女ともに生涯未婚率は上がり、少子化は進む。私たちはこの先も恋をするのだろうか。想像力を羽ばたかせる作家に…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも