[PR]

 ■第5日(22日)

 バドミントンの女子団体決勝で日本が中国を3―1で破り、48年ぶりに頂点に立った。日本はこの日、8種目で優勝する金メダルラッシュとなった。

 競泳男子は400メートル個人メドレーで瀬戸大也(ANA)が200メートルバタフライに続く2個目の金メダル。100メートル平泳ぎでは小関…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも