[PR]

 「海の森」を増やし、気候変動をもたらす二酸化炭素(CO2)を吸収させる試みが広がろうとしている。沿岸に生えるアマモなどの植物や海藻による吸収量が、それなりの量になると見積もられるようになってきたためだ。「ブルーカーボン」と呼ばれ、海辺の生態系を守り、育んでいく新たな原動力になる可能性を秘めている…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも