[PR]

 1945年8月15日。そこから社会は幾つもの激動を経た。安保闘争にバブル崩壊、大震災……。この70余年から、私たちは何を学ぶべきなのか。文学座の新作「かのような私(わたくし)―或(ある)いは斎藤平の一生―」で作者の古川健が問おうとするのは、各人の戦後史への向き合い方だ。

 終戦から3年、斎藤平はA…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも