[PR]

 再演に堪えるから名作なのか、再演を繰り返して名作になるのか。2008年に発表され、今回が4度目の上演となる「て」がその両方に当てはまることを改めて実感した。

 強権的な父(猪股俊明)への嫌悪から滅多に集まらなくなった家族をやり直したいと、長女(安藤聖)が祖母(能島瑞穂)の家でパーティーを計画。しか…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも