東京五輪マラソン号砲「1時間半繰り上げを」 コースの暑さ2年分計測、学会で提言へ

有料記事

[PR]

 2020年東京五輪マラソンのスタート時間は1時間半の繰り上げを――。24日から徳島市で開かれる日本体育学会で、中京大の松本孝朗教授(運動生理学)がこんな提言をする。

 マラソンは女子が8月2日、男子が同9日に行われ、7月の国際オリンピック委員会(IOC)理事会で当初計画より30分早め、午前7時開始…

この記事は有料記事です。残り324文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。