[PR]

 ■響きあう生者と死者の思い

 カラコン、カラコン。真夜中に駒げたの音が響く。落語家の三遊亭圓朝(えんちょう)(1839~1900)作の「怪談牡丹灯籠(ぼたんどうろう)」は、江戸時代の谷中周辺も舞台だ。眉目(びもく)秀麗な浪人、萩原新三郎に恋い焦がれて亡くなった美しいお露。牡丹灯籠を掲げた幽霊の女…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも