[PR]

 3カ月に及んだ日大アメリカンフットボール部による危険タックルの問題で、関東学生連盟が下した結論には不合理な印象がぬぐえない。選手が負うべき責任と、処分によって失うものが見合っているとは思えないからだ。

 選手を追い詰め、規則に反する危険タックルを命じた監督とコーチに「追放処分」を課した。当然だろう…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも