[PR]

 無職 武田喜治(東京都 74)

 国会改革の中でも、国政調査権の形骸化が喫緊の課題だと思う。森友問題で証人喚問された財務省元理財局長が、質問が核心部分に及ぶ度に「刑事訴追の恐れ」を理由に証言拒否を繰り返した光景は記憶に新しい。国政調査権の機能不全ぶりに、心底うんざりした。

 憲法で、国会は国政に関…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも